上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリーエロg(
のレビューですあしからず。
見る必要の無い人見ちゃダメ((
絶望でした。

…なんだろな、期待しすぎたのかな…いやそんなことないだろうと思いたいけど((
車輪の国、悠久の少年少女。今回レビューする作品です。
まぁぶっちゃけ

キャラ萌えと裏切り

の作品だったといえます。ほんっっっっとにがっかりした…orz
前作の車輪の国、向日葵の少女が実にツボって、それ以来あかべぇファンの私ですが、そのFDに当たる今作は購入してまでwktkしてましたよええ。
まぁレビューを参考にしながら、ヒロイン編はアマアマデレデレルートとのことだったので、頭をそっちの方面に向けながらやったんですが。

その遥か上を大暴走してました、ヒロイン方。

もうデレデレすぎてgdgd?みたいな感じでしたね…何言ってるかわからなくなってきた((
良かったのは灯花、夏咲がちょっと、って感じで、さちは前のほうが全然良かった…。ちょっとはいいとこあったですが。
それ以外問題外。書く気すら起きません((

んで法月ルート。このFDの評価は全てこちらのルートの評価ということで、100も出てたのでかなり期待してましたさええ。
まーちょっと、学園地下牢に閉じ込められたり、悪役を欺いて脱出するとことかは、前作と被ってるにも関わらずシナリオに没頭してしまい、相変らずるーすぼーい氏すげーとか思ったわけですよ。
みぃなとのセクルシーンも少なくし、シリアスな展開に持ち込むことを重視しようとした作りも評価しました。
で、法月が屈服してスタッフロールに入る

まででほぼ終りでしたね。

まずそのあとの流れを完全に断ち切るED。まさか車輪がこのチョイスをするとは、というアップテンポの場違いな曲。前作の祝福の大地、暁光の世界に当たる曲なので、てっきり同じような曲調のものでくるものだと…いや、それじゃないと合わないorz
まぁまずここで鼻を折られたわけですね。
んでそのあと。とっつぁんが電話して、賢一に電話したときは何事かと思いました、んでみぃなを助けることを決意。おお、きたか!って感じでした、EDで萎えた心は再びwktkし始めましたよ。
そしてお決まりのWatch out!が流れ始めました。もうこれ聞くとゾクッときますね。そしてアリィとの長きに渡る決着の時…

「行かねばならんのだ…!」だったと思うんだけどな

~~~~~~~~~~~~~英文~~~~~~~~~~~~~~~~



FIN




…あれ?('A`

いやいや、これから決着でしょ?銃ぶっ放すんじゃねーの?アリィ死ぬの?とっつぁんも撃たれちゃったりしながらもみぃなのとこまでたどり着いて腕の中で息引き取ったりするような展開じゃねーの?そこの描写ねぇの?!

いやいやいやいやいやいやいやいあいあいあや

ないでするーすぼーいさん。
…見方変えれば、それを考えさせるようなシナリオなのかもしれません。
でもよ?本編の番外編ということになるわけだし…FDなんだから仮にバットでもハッピーなようにつなげるべきじゃないの????
そこがどっちかもわからずじまいでえらく半端に終わったってこれどうよ…
もうこのあとのこと色々ルート考えてましたよ。選択肢出てバッドとハッピーでねーかなとか。

なんか…前作が良すぎたとはいいません、今作半端すぎでした。7000円が馬鹿みたいです…。前作買った方が良かったなぁ…。

ちょっと・・るーすぼーいさんに対する気持ちが変わりました。
手抜きとは言いたくないけど…そう感じます。作りこめてない、と言うべきかな…。
次の作品も一応頑張って期待はしてみますが…それでもだめならあかべぇファンはちょっと考えようと思います。
有葉さんの絵は相変らずいいんですけどね…。
あとEDも片霧さんにして欲しかった…OPが片霧さんで結構好きだっただけに。

結論。レビューサイトにあるような80点以上は、贔屓目で付けてもつけられませんでした。50~65点くらいかも…。
まさか車輪でこんな点数つけることになるとは…。
次は正当に評価されてて高い作品をやろうと思います。

あーなんかもうマジショックだ…
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 行き着く先はいつも○○, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。