上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き忘れたのでちと。
2ndでの登場人物は、たまに出てくる父親とか以外全員女性です。
ほんっとに恋愛感情とかそういう類のものはないです。
ただ、ただ、死と向き合って生きる女性-姫子-の物語、でいいと思います。
説明によると、2は1の6年前という設定。だからこそ、2→1の順でやって欲しいとのこと。
1の評価が異常に高いので、2以上の内容なのだと思います。
今日またやって、改めてレビューします。

というか、主題歌の歌詞やばいですね…。


祈る事を諦めた
透き通る空の朝
どんな気持ち抱えてても誰にも届かないなんて
まるで私はエコー…
狭く白い部屋から
同じ景色が見える
当たり前だけを望んだささやかな運命でさえ
儚いものと知った…
広げた地図の上痩せた指で
存在をつなぎとめて
凛と伸びた花は今も
きっと育って咲き続けてる…。

(途中一部歌詞がわからないとこありますが…)


真ん中らへん、『当たり前だけを望んだささやかな運命でさえ、儚いものと知った…。』
こっちの方がこのゲームの主旨を明確に表してますね。本当にこの一文の通りでした。
歌ってるのはeufoniusさん。今まで聞いた事無かったんですが、切ないのにとても心地よい歌声が特徴的です。これ以上にこの主題歌に合う歌声は無いだろう、それくらいぴったりです。

時に、普通の人の当たり前なことでさえ、夢描く中の一つの願いである人だっている、そういうことを伝えたいんだと思います。
そして、昨日書いたとおりのこと。死とは?生とは?

今一度心に刻んで、プレイしたいと思います。
スポンサーサイト




ナルキッソスの歌詞は「ミントの似た」ではなく「凛と伸びた」ですよー
【2007/05/29 22:53】 URL | 通りすがりの #-[ 編集]
ご指摘ありがとうございます;;
【2007/05/30 01:02】 URL | 黒 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 行き着く先はいつも○○, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。